吃音の原因って何がある?

 
吃音の原因を調べている男性

吃音原因って一体何が考えらるのでしょうか?

この症状が続くと人とコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

ですので、先ずは、どもる原因を知り、一刻でも早く改善させることが大事です。

そこで、こちらでは、吃音の原因から改善法まで詳しくお伝えしています。

この症状で悩む方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


ちなみに・・・

もし、あなたが吃音の症状を改善したいなら、このサイトが役立ちます。

こんな方法で吃音が克服できたなんて・・・


吃音の原因は様々ある?


吃音の原因は、1つだけと言うわけではありません。

大まかに分けると以下のようなものになります。

環境によるもの

どもりへの不安

ストレスからくるもの

病気などから
これらがあります。


環境について!


先ず、育った環境が原因でどもりになることがあります。

特に自分のペースが乱されるような環境で育った子供は、吃音になりやすいです。

つまり、親の育て方に問題があったと言う事です。


どもりへの不安


次に吃音の原因としては、どもりへの不安があります。

一度どもってしまうと・・・

「またどもったらどうしよう」
「恥ずかしい」
「嫌だ」
「喋りたくない」


などなど、このような感情が出てきますので、それで不安になります。

すると、その不安から吃音がさらに酷くなるので悪循環なんですね。


ストレスからくるもの


実は、ストレスも吃音の原因になると言われています。

子供も大人も過度にストレスを溜めてしまうと、それでどもることがあるんですね。

この場合は、ストレス対策が必要になります。

仕事など忙しい方は、注意した方がいいでしょう。


病気によるもの


また、病気が原因で吃音を引き起こす事もあるんです。

代表的なものには・・・

てんかん
聴覚機能不全
痙攣性発声障害


などがありますが、海外では、これらの病気も吃音の原因だと考えられています。


呼吸法で吃音を改善させる!



吃音の原因には、不安や緊張があります。

なので、それらを取り除いてやればいいわけですね。

では、不安や緊張をなくすにはどうすればいいのか?

一番簡単な方法としては、呼吸法をマスターするのがいいでしょう。


効果的な呼吸法のやり方について!


不安や緊張をなくす呼吸としては、深呼吸を行うのですが、胸式呼吸ではなく、腹式呼吸を行います。

腹式呼吸とは・・・

息を吸うときにお腹を膨らませて、吐くときは、お腹を凹ませる方法

コツとしては、腹式呼吸でゆっくりと深呼吸をします。

これを数回行うと、自律神経のバランスが保たれるようになるので、緊張や不安が和らぎ、それで吃音もでなくなる可能性があります。

ちなみに、吃音の方は、胸式呼吸をしていることが多いんですね。

胸式呼吸になると、交感神経が働くようになり、自律神経も乱れてしまいます。

ですので、普段から、腹式呼吸の練習をしてみてください。

また、複式呼吸を行うと、ストレスも軽減されますし、ダイエット効果や様々な健康効果も期待できます。

特に吃音で悩んでいる方は、改善のためにも、腹式呼吸をマスターしましょう。


吃音を改善させるツボ押し!


吃音を改善させるツボについて!

吃音を改善させる方法の1つとしては、ツボ押しを行うのもいいでしょう。

吃音の原因には、緊張やストレスがあるので、和らげる事さえできれば改善に繋が
るはずです。

では、どんなツボを刺激してやればいいのか?

不安や緊張を和らげたり、イライラを解消させ、精神を安定させてリラックスさせ
るようなツボが存在します。

具体的には・・・

「労宮」

「神門」



これらのツボが有名です。


労宮について!





こちらは、手のひらの中心部、人差し指と中指の間を下りていったところにあるツボになります。

ここを刺激させると、気持ちの高ぶりを落ち着かせるような効果が期待できます。

神門について!





次に神門ですが、こちらは、手首の小指側の付け根あたりにある、くぼみの部分です。

神門は、ストレスの緩和や心を落ち着けるような働きが期待できます。

これらツボは、自分でも刺激することが可能なので、普段からツボ刺激を行うよう
にするといいと思います。

ちなみに、ツボ刺激ですが、回数や時間などは、特に制限はありません。

また、力加減ですが、弱すぎても効果は期待できませんので、やや強めに刺激するようにしてください。

痛いけど気持ちがいいくらいが丁度いいです。

それと、ツボ刺激を行いながら、上記で書いたような呼吸を同時に行うとより効果的ですので、吃音で悩んでいる方は、試してみてください。

inserted by FC2 system