吃音の原因!TOP > 知識と対策 > 話す機会を増やすと吃音・どもりは改善する?

話す機会を増やすと吃音・どもりは改善するのか?


吃音の原因・話す機会を増やすと改善する

吃音・どもりで悩んでいるなら、なるべく人と話す機会を増やした方がいいです。

どもってしまうから人と話をしたくない、誰とも会いたくない・・・。

このように考えていると吃音の症状は益々悪化します。

場合によっては引きこもり状態になることもあるので注意が必要です。

ですので、吃音を改善させるたいのであれば人と話を機会を増やしてください。

いろんな人と話しをして会話に慣れていけば吃音の回数は減っていきます。

そこで、このページでは、話す機会を増やして吃音を改善させる方法について解説させていただきます。

吃音・どもりで悩む人はぜひ参考にしてください。


話す機会を増やして吃音を改善させる方法!


では、人と話をする機会を増やすにはどうすればいいのか?

いくつかポイントがあるので解説していきますね。


自分から話をすることが大事!


先ずは、自分の方から話をするようにしてみましょう。

これって始めは緊張しますし、自信がないとできないですよね。

でも、どもりを改善させるためには、勇気をだすことも大事です。

基本的に会話に慣れるには相手が話するのを待っているのではなく自分から話をしていくようにします。

少しずつでいいので、声をかけていきましょう。


相手に話をさせる作戦!


会話に慣れるためには、最初は、同僚や友達など相手に話をさせる方法もいいです。

相づちを打ったり、うなづくだけなら吃音もそんなにでないでしょう。

ですが、だた相づちやうなづくだけではいけません。

ある程度、話しが終わったら自分の方から次の話のテーマを切り出すようにしてください。

相手と会話のキャッチボールができるようにり吃音も減ってたらしめたものです。


嫌な相手ほど真剣に向き合ってみること!


どこに行っても自分には合わなくて、苦手な人っていますよね。

できれば、あまり話をしたくない人。

でも、不思議なことにそんな人ほど話をすればするほど気が合うものです。

もしかしたら、自分の為になる話を聞けるかもしれませんので吃音改善のためにも話をしてみてはいかがでしょうか?


人と話をする機会が多い仕事に就くのもいい


営業やサービス業、接客業など強制的に話が必要になる仕事に就くのも吃音・どもりを改善させる方法の1つです。

お客さんと話をする機会が多い仕事であれば、会話にも慣れていくので自然と吃音を克服することもできます。

本気でどもりを治したい人は、仕事先を考えてみてはいかでしょうか?


まとめ


吃音・どもりを改善させないなら、できるだけ人と話をする機会を増やすようにしましょう。

緊張や不安で話せない人は、少しでもいいので慣れていくことが大事です。

会話に慣れていけば吃音も減っていくので自分を信じていきましょう。

♪噂の吃音改善マニュアル

お勧め度商品商品説明
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
最新の脳科学に基づいた吃音改善プログラム!自宅で簡単にできるトレーニングで6週間で改善を目指します。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日たった15分実践するだけで、わずか30日後に重度の吃音・どもりが改善したマニュアル!実践者の86.7%の人が効果を実感しています。
37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療
37のトレーニングを実践することで吃音改善を目指します。今なら、メンタルクリニック院長監修の「あがり症改善プログラム」もプレゼントしています。


inserted by FC2 system