HOME-TOP > 知識と対策 > 呼吸法で吃音を改善させる!

呼吸法で改善させるには?

吃音を改善させる為には、様々な方法があるのですが、
人によっては、効果がある場合もあれば、そうでない場合もあります。

そこで、今回、紹介するのが「呼吸法」です。

実際、呼吸法で改善されるのかどうか?

こちらで、解説していますので、参考にしみてください。


呼吸法で吃音は改善する?

どもりを改善させたいなら、正しい呼吸を行うといいでしょう。

ここで言う、正しい呼吸法とは、腹式呼吸のことです。

腹式呼吸とは、息を吸う時にお腹を膨らませて、
逆に息を吐いた時にお腹が凹むやり方です。

この呼吸法を行えば、リラックス効果が得られるでしょう。

リラックス効果が得られると言う事は、どもりの原因である、
緊張の緩和に役立ちますので、それで改善されると言う訳です。

また、普段、胸式呼吸で呼吸をされる方もいますが、
この場合、交感神経を刺激しますので、逆に緊張状態になります。

では、腹式呼吸の具体的なやり方を紹介しましょう。

やり方は至って簡単です。

先ず、お腹に手を当ててください。

次に、息を吸う際、お腹に意識を集中するようにして膨らませましょう。

そして、吐く時は、細く長くゆっくりと息を吐いください。

息を吐いた状態で、お腹が凹んでいけば、腹式呼吸が出来ている証拠です。


ちなみにどもりの方がカラオケで歌う時は、症状が出ない事が多いです。

実は、これは、カラオケで歌っている時に、
自然に腹式呼吸を行っているからなんですね。

その他にも、ヨガでも、腹式呼吸を使われたりするのですが、
それだけ腹式呼吸は、心を落ちかせ、リラックス効果があると言う事です。

ですので、腹式呼吸が上手に出来ていない方は、
先ずは、この呼吸法を覚えてください。

そして、緊張して吃音が出そうな時には、
この呼吸を行いリラックスさせるようにしましょう。

そうすれば、吃音も改善されていくはずです。


 
inserted by FC2 system